眼精疲労による頭痛や吐き気が出ないよう対策
便利な世の中になり、その反面、パソコンやスマートフォンで目を酷使することが多くなりました。
目が疲れると、「目の痛みやかすみ・頭痛・吐き気・めまい」などを発症するリスクが高まります。
また、40代になると老眼やドライアイのリスクも高まります。

何もせず症状を放置していると眼精疲労や、さまざまな目の病気のリスクが高まります。

疲れ目や眼精疲労にならないよう、どのようなことに気をつけたらよいのか?

 

眼精疲労とは

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、「眼痛・眼のかすみ・・充血などの目の症状や、頭痛・首や肩のこり・イライラ感・吐き気などの症状」が発生します。
目の使いすぎでこういった症状が発生し、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態のことを眼精疲労といいます。
「疲れ目」と混在することもあります。
日常生活のなかで、「目が痛い・目が疲れる」ことはあります。ただ、しばらく経つと自然と治っている場合が多くあります。
これは「眼精疲労ではなく、疲れ目」になります。
医学的には休息や睡眠をすると治るのが「疲れ目」、治らなく症状が改善されない場合が「眼精疲労」といわれています。

 

眼精疲労の原因

目に何らかの病気が起きている

1.近視・乱視・老眼やその矯正不良
メガネやコンタクトレンズが合っていないと、活字などを見るためピントを合わせようとして、目の筋肉に負担がかかります。
眼の周りには、眼球やまぶたを動かす6本の外眼筋という目の筋肉があります。
このバランスが崩れると疲れ眼・眼精疲労につながります。
また、無理にメガネやコンタクトレンズで矯正すると、左右の視力差が大きくなって眼精疲労につながるケースもあります。

 

2.目の病気
・ドライアイ
涙の不足などが原因で目の表面に傷や障害が生じる病気
現在、日本では約800~2,200万人ものドライアイの患者さんがいるといわれ、オフィスワーカーにおいては3人に1人がドライアイという報告もあり年々増加傾向にあります。

・緑内障
目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野が狭くなる病気

・白内障やその手術の影響
目の中のレンズの役割をしている水晶体が白く濁ってくる病気。

・斜視〈しゃし〉、斜位〈しゃい〉
斜視:正常な場合はモノを見るとき、右目も左目も両方の目が、見ようとするものの方向に向きます。
ところが、片方の目がモノの方を見ているにも関わらず、もう片方の目が違う方向を向く病気
斜位:見るモノがない場合(ぼ~っとしている状態)に、左右の眼が別々の方角を向いてしまう病気
一般的に目の焦点があっていないといわれる状態。

・眼瞼下垂〈がんけんかすい〉
まぶた(眼瞼)が垂れ下がってくる病気

 

からだの病気が目に現れている

風邪やインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気などで眼精疲労になることが多く、その他の病気でも眼精疲労のリスクがあります。

 

目の使いすぎ

デジタル機器が増加し、パソコンやスマートフォンを使う時間が多くなり、目の疲れの原因になります。
パソコンやスマートフォンを使うとき、どうしても近距離の操作になります。
近距離での作業が長時間続けば、目の周りの筋肉が緊張している状態になり、目を酷使することになります。

 

精神的なストレスの影響

ストレスが強くなり自律神経に影響がでると、まばたきや涙の量が減り、目の疲労が進みます
また、ストレスによる不安感の高まりや、眠れないなどの精神的なことが原因でからだに不調をきたし、眼精疲労になることがあります。

 

疲れ目・眼精疲労にならないよう対策するには

定期的に眼科で検査しましょう

目の病気は知らない間に進行しています。
病気が隠れていないか?
定期的に眼圧や眼底検査などを受けることが大切です。
また原因を特定できない場合、ビタミンBの点眼で症状が改善することがあります。

 

メガネやコンタクトがあっているか調べましょう

メガネやコンタクトレンズを使っている方は、見えづらいまま使い続けていなか?などの確認が必要です。
パソコン作業用と車の運転用など、使用用途にあわせてメガネやコンタクトを使い分けることで目の負担を軽減させてあげましょう。

 

労働・生活環境を見直しましょう

パソコンやスマートフォンを使うのであれば、1時間ごとに15分の休憩をとりましょう。
休憩するときは、軽い運動をすると効果的です。
また、画面を適度な明るさとコントラストに調整し、パソコンモニタを設置している場合は見下ろす角度に調整しましょう。

 

ストレス発散しましょう

趣味や運動などでストレス発散しましょう!
おすすめは運動です。
人は強いストレスを受けると、交感神経系のホルモンであるアドレナリンが過剰に分泌されます。
この過剰に分泌された交感神経系ホルモンは、運動をする(筋肉を動かす)ことで消費できます。
ただし、運動のやりすぎは禁物です
激しい運動をすると心臓病のリスクが高まりますので、適度な運動をおすすめします。

 

スキマ時間の休憩や就寝時間を使った眼精疲労対策

眼精疲労による頭痛や吐き気が出ないよう対策
私は事務職なので、慢性的な疲れ目に悩んでいました。
日中、目の奥が痛く、頭痛やめまい・吐き気など、身体の不調をきたしておりました。
1時間ごとに目の休憩や、就寝時に使い捨てタイプのホットアイマスクなどの対策をしましたが・・・・

毎日8時間近くデスクワークをしていると、なかなか改善されませんでした。
また、労働環境を変えることは難しく、諦めていたときに巡り合えたアイテムがこちらです。

眼精疲労やスマホの見過ぎで目の疲れなどで悩んでいる方向けへの商品

 

ほっとアイマスクの機能について

目の周りにある5つのツボを効果的にあたため、疲れた筋肉をほぐす

・太陽(たいよう)
こめかみの下の少しくぼんだ部分

・睛明(せいめい)
目頭の左右のくぼみ、鼻の付け根の横側

・攅竹(さんちく)
眉頭の内側で目の上の骨縁の少しへこんだところにあるくぼみ

・魚腰(ぎょよう)
眉毛の真ん中から少しだけ下におりたところにあるくぼみ

・承泣(しょうきゅう)
目の中心のすぐ下側に当たる骨のふち

 

眼球水分流出を防ぐ、独自の立体設計採用

眼球部分は90%以上が水分で出来ています。
眼球部分を直接温めない3D構造になっており、眼球水分の流出を防ぐのに有効です

 

心地よい蒸気熱が目元をやさしく包み込み疲れを癒す

空気中の水分を温めることにより、蒸気熱を放出。
すぐに温まり、装着後には、目元から顔、さらに指先まで、体面温度が上がり適温が続きます。

 

たった52gで持ち運びが便利

バッグインサイズなので、職場やお出かけ先でも携帯して使用できます。

 

使ってみた感想

主に就寝前に使っていた、使い捨てアイマスクのコストが高く買う手間が増えてきました・・・
そんなとき、同じ環境の方からこのアイマスクを教えてもらい、試しに買ってみました。

始めての使用で感じたのが、目の周りがじんわり暖かくなることで目の筋肉がほぐされ、気持ちよく寝ることが出来ました。
とても幸せな気持ちになりました!
また、リラックスして熟睡できるので、睡眠の質もあがったように感じています。
あまりにリラックスできるので、昼休憩時のスキマ時間にも使っています。

以前は、目の奥が痛く、頭痛に悩まされ仕事の効率が落ちていましたが、このアイマスクを使ってから目の症状が軽減され、仕事の効率があがりました。
経済的にも使い捨てのアイマスクを買い続けることを考えると、安く抑えることができました。

 

まとめ

世の中に便利なITツールが増えたことで、パソコンやスマートフォンを利用する機会が多くなりました。
そのため、労働環境や生活環境を変えないと、一時的に目の疲れが治ったように見えても、再発する可能性が高いように感じます。
結果、不快な症状が慢性化し、その症状がさらに状態を悪化させ、目の病気につながることもあります
労働環境や生活環境を見直すことで、目の病気になるリスクを軽減させ、いきいきとした毎日を過ごせる環境を整えましょう。

おすすめの記事