関ヶ原合戦の真実 Part11

1 :人間七七四年:2019/09/10(火) 11:52:16.90 ID:fw7EU9nU.net
慶長5年(1600年)9月15日関ヶ原で徳川家康らの東軍が石田三成らの西軍を破った戦い。
豊臣秀吉の死後、天下の実権を握った家康は三成と対立し、それぞれ諸大名を
糾合して戦ったが、小早川秀秋の寝返りにあった西軍は惨敗し、三成らは処刑され、
豊臣秀頼は摂津・河内・和泉60万石の一大名に転落した。この結果、徳川氏の覇権が確立。
俗に「天下分け目の戦い」という。
次スレは>>980でお願いします。無理な場合は次レス番を指定してください

前スレ
関ヶ原合戦の真実 Part10
https://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1553429187/

史料スレ
関ヶ原合戦(慶長庚子争乱)関連史料スレ
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/sengoku/1567939457/

2 :人間七七四年:2019/09/10(火) 11:53:12.99 ID:fw7EU9nU

3 :人間七七四年:2019/09/10(火) 11:54:58.24 ID:fw7EU9nU

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い
白峰 旬 (著)

http://www.miyaobi.com/publishing/products/detail.php?product_id=839

関ヶ原合戦にはよく知られたおなじみのエピソードが多い。
しかしそれを歴史的に検証するとどうなのか?
本書では一次史料を用い、小早川秀秋への「問鉄砲」はフィクションであり、
小早川秀秋は開戦と同時に裏切り石田三成方は瞬時に敗北したこと、
家康の小山評定は歴史的事実とは言えないことなどが、次々に検証されていく。
生駒利豊書状の真に迫る白兵戦のすさまじい描写、細川忠隆の首注文史料の数字が語る実戦の具体性も
本書の見どころである。

【序章】関ヶ原合戦はどう語られてきたのか―江戸時代に誕生した関ヶ原合戦像?

【第一章】関ヶ原合戦当日の虚像を剥ぐ?

【第二章】関ヶ原合戦以前の通説を正す

【第三章】小早川秀秋を裏切らせた「問鉄砲」はフィクションである

【第四章】『日本戦史』の布陣図に歴史的根拠はない?

【終 章】すりかえられた天下取りの戦い

4 :人間七七四年:2019/09/10(火) 11:55:21.37 ID:fw7EU9nU

新視点 関ヶ原合戦: 天下分け目の戦いの通説を覆す 
白峰 旬(著)

https://www.heibonsha.co.jp/book/b457713.html

昨今、日本歴史界隈では関ヶ原合戦の実態を巡る議論が激しさを増している。
その中心的存在である著者がさまざまな“通説”を覆す。

プロローグ 関ヶ原合戦をどのようにとらえるか

第一章 豊臣七将襲撃事件はフィクションである
《補論》大谷吉継書状の分析

第二章 関ヶ原前夜−イエズス会宣教師の透徹した政治分析

第三章 関ヶ原合戦−イエズス会宣教師の明晰な戦争分析
《補論》慶長五年、九州における黒田如水の動き

第四章 大垣城攻防戦に関する保科正光の戦局シミュレーション

第五章 関ヶ原合戦に関する一次史料を読み解く

第六章 「関ヶ原」で戦った藤堂高虎隊と大谷吉継隊

エピローグ 関ヶ原合戦から大坂の陣へ

おわりに

主要参考文献

5 :人間七七四年:2019/09/10(火) 11:55:58.07 ID:fw7EU9nU

白峰氏の石田・毛利連合政権成立の論拠
【1】豊臣秀吉の後継者である豊臣秀頼を直接推戴した
【2】毛利輝元が公儀の城郭である大坂城に入城して豊臣秀頼を直接補佐した
【3】自らを「公儀」と称した
【4】政権の所在地である大坂を中心とした上方を完全に掌握していた
【5】大名(細川忠興)を改易にして、近隣の諸大名に城受け取りを命じた
【6】大名に所領(知行)を与えた

ソース
http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/dk05213.pdf?file_id=5363

慶長4年閏3月の反石田三成訴訟騒動に関連する毛利
輝元書状(「厚狭毛利家文書」)の解釈について

http://repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/gk02109.pdf?file_id=9477

文禄の役の際、講和使節の内藤如安から提示された意見書の冊封の案

日本国王、豊臣秀吉

大都督、小西行長、石田三成、増田長盛、大谷吉継、宇喜多秀家

都督、豊臣秀次

亜都督、徳川家康、毛利輝元、前田利家、小早川隆景など

6 :人間七七四年:2019/09/10(火) 11:56:23.79 ID:fw7EU9nU

とりあえずテンプレ終わり

7 :人間七七四年:2019/09/10(火) 11:57:35.51 ID:fw7EU9nU

おまけ
今度出る渡邊大門氏の本

関ヶ原合戦は「作り話」だったのか 一次史料が語る天下分け目の真実
渡邊 大門(著)

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-84371-1

激戦の末、裏切りで勝敗が決したとされる関ヶ原合戦は虚構だった? 
一次史料をもとに最新研究が明らかにした天下分け目の真実とは。

第一章 豊臣政権の変質

第二章 上杉景勝の覚悟

第三章 決起した西軍

第四章 輝元、吉継、三成の選択

第五章 関ヶ原前夜の攻防

第六章 決戦関ヶ原

第七章 関ヶ原体制の創出

8 :人間七七四年:2019/09/10(火) 14:50:02.63 ID:ngTAbsKJ

関ヶ原関連のお薦めの一般書って他に何がある?

9 :人間七七四年:2019/09/10(火) 20:14:11.54 ID:fw7EU9nU

>>8
まあ気になるのはこんなところかな、半分以上読んだ事無いけど

関ヶ原合戦と大坂の陣 笠谷和比古(著)吉川弘文館
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b33982.html

関ヶ原合戦と石田三成 矢部健太郎(著)吉川弘文館
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b146384.html

徳川家康と関ヶ原の戦い 本多隆成(著)吉川弘文館
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b128435.html

九州の関ヶ原 光成準治(著)戎光祥出版
https://www.ebisukosyo.co.jp/item/511/

直江兼続と関ヶ原 公益財団法人 福島県文化振興財団(編)戎光祥出版
https://www.ebisukosyo.co.jp/item/23/

関ヶ原前夜 西軍大名たちの戦い 光成準治(著)角川ソフィア文庫
https://www.kadokawa.co.jp/product/321611000114/

黒田官兵衛・長政の野望 もう一つの関ヶ原 渡邊大門(著)角川選書
https://www.kadokawa.co.jp/product/321302000209/

「関ヶ原」を読む 戦国武将の手紙 外岡慎一郎 (著)同成社
http://www.douseisha.co.jp/book/b351337.html

関ヶ原合戦の深層 谷口央(編)高志書院
http://www.koshi-s.jp/

天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった 一次史料が伝える“通説を根底から覆す”真実とは――
乃至政彦 高橋陽介 (著)河出書房新社
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309248608/

関ヶ原合戦公式本 小和田哲男(監修)小和田泰経(著)学研
https://hon.gakken.jp/book/1340603600

経済で謎を解く 関ヶ原の戦い 武田知弘(著)青春出版社
http://www.seishun.co.jp/book/19642/

10 :人間七七四年:2019/09/15(日) 18:15:31.04 ID:xOvlkY0U

>>7
誰か読んだ人いないの?

11 :人間七七四年:2019/09/15(日) 19:35:35.11 ID:v9elAh5k

>>10
渡邊大門を?

12 :人間七七四年:2019/09/15(日) 19:50:32.52 ID:xOvlkY0U

>>11
そう、東北の関ヶ原もまぁまぁ面白かったし、白峰氏のよりは期待できるかなって

13 :人間七七四年:2019/09/15(日) 20:09:31.17 ID:v9elAh5k

渡邊氏は白峰氏とは別の意味で、ちょっとなあ。

14 :人間七七四年:2019/09/15(日) 20:29:11.62 ID:fcTvpWj0

>>10
今日届いたので、さっそく半分くらいまで読んだ
今までの他者の研究成果を整理しつつ、自分の意見と淡々と述べている
文章だけで、図表がまったく出てこないw

15 :人間七七四年:2019/09/15(日) 20:29:45.74 ID:eF9dEpeB

渡邊氏のは先行研究のまとめってだけで自分が研究してるわけじゃないかならなぁ
また分かりやすく整理してくれてるだろうからそういうのが必要な人にはいいと思うけど

16 :人間七七四年:2019/09/15(日) 20:31:20.99 ID:eF9dEpeB

ぶっちゃけ渡邊氏は中央に手を出し始めてからつまんなくなった。またマイナー大名やってほしい

17 :人間七七四年:2019/09/15(日) 21:20:12.12 ID:TlapPOrz

史学研究の関ケ原に取っつく最初の本によさげよね、渡邊氏

18 :人間七七四年:2019/09/16(月) 10:11:12.70 ID:7R/8m9Yh

一次史料から考えると言っても、所詮人が書いたものだしなぁ
媚びっているものも多いし

19 :人間七七四年:2019/09/16(月) 13:19:01.25 ID:yiWXEd8V

その辺りどうなの
一次とか二次とかではなく、ちゃんと史料批判された上で信頼されてる史料を用いてるの?

22 :人間七七四年:2019/09/16(月) 13:47:11.88 ID:5o8unsTp

まああのタイトルはミスリードを露骨に誘っているけど、正しくは『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』だからね。
「慶長五年九月十五日の、いわゆる関ヶ原合戦は天下分け目という性質のものではなかった」という意味では
あの本の内容的には正しい。

21 :人間七七四年:2019/09/16(月) 13:36:22.44 ID:tZ5pr6C8

補足
渡辺さんの本の参考資料の本の中に、乃至氏、高橋氏の本が書かれていなかった
つまり、トンデモ本扱いなのでしょう

確かに、本の題名は「関ヶ原の合戦はなかった」は、誤解を与えかねない
そもそもの関ヶ原の戦いそのものが、実在しなかったように思えてします
販促のためにインパクトのある題名を選んだのだろうけど、これは誤解与えるわ

よくよく読むと、戦った場所が、関ヶ原に近い「山中」という場所が、一次史料で多く見え
通説のような「関ヶ原の合戦」はなかった、という意味だろうね、本の題名の意味は

20 :人間七七四年:2019/09/16(月) 13:26:58.04 ID:tZ5pr6C8

自分にとっては、「関ヶ原の合戦はなかった」の乃至氏、高橋氏共著がとても良かった
それが頭にある前提で、渡辺さんの最新の本をひと通り読んだ。
白峰さんの引用が多かった

少し違いを紹介すると、関ヶ原前日の吉川による東軍との和睦
乃至氏、高橋氏では吉川の独断といい、渡辺さんの本では輝元の意志による書いてあった

また小早川秀秋の松尾山入城は、乃至氏、高橋氏では家康の赤坂着陣とあわせたものととらえ、
渡辺さんの本では、白峰さんの説を採用し、三成からの攻撃をさけるための緊急措置としている

渡辺さんの本では、輝元の参戦目的として、西国での支配の拡大が第一目的で
東軍との戦いは希薄だったと書かれている

さすがにこれを読んだときには、首をかしげた
東軍に負けたのであれば、私戦で切り取りした領地など簡単に召し上げられるのに

最後に、渡辺さんのあとがきでの「おまゆう」
近年、トンデモ本が横行していると批判している

23 :人間七七四年:2019/09/16(月) 15:30:20.06 ID:U/WfKKWf

白峰氏は西軍より高橋氏、乃至氏は上杉は別として東軍よりな印象を
読んでて受けるな
渡邊氏はまだ読んでないから分らない

24 :人間七七四年:2019/09/16(月) 16:30:20.63 ID:ioPuBhEr

西軍における毛利がどの程度打倒徳川を考えていたのだろうか

25 :人間七七四年:2019/09/16(月) 19:46:06.08 ID:dfnOKEXd

高橋氏はトンデモに片足突っ込んでるわな
無視してる一次史料が多くてそこだけ切り取ればそういう風に解釈することは確かに可能だよねってだけ
飛ばし題名付けることだけはある

26 :人間七七四年:2019/09/17(火) 08:00:55.94 ID:EPGA2Hmx

高橋氏、来月新刊出すね

27 :人間七七四年:2019/09/17(火) 11:53:12.56 ID:Df1b9oU6

>>26
これか

秀吉の遺言は「家康政権」だった(仮)
太閤の死から関ヶ原合戦までの2年間の謎

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309227870/

秀吉遺言体制はもともと宮本義巳氏の説だっけ?
著書読んでると白峰氏や渡邊氏が家康が謀略した派で
高橋氏や乃至氏が輝元や吉継が謀略した派か

28 :人間七七四年:2019/09/17(火) 17:57:25.17 ID:J32LZGhz

正直、謀略自体はどっちもやってたんじゃないかと思うがね

29 :人間七七四年:2019/09/17(火) 18:00:27.42 ID:X/uBEnUc

陰謀論はノーサンキュー

30 :人間七七四年:2019/09/17(火) 21:55:53.02 ID:ZUghXkGD

さすがに、高橋氏と乃至氏、渡辺氏と白峰氏も、関ケ原前日に吉川が和議を結んでいたので
それが関ケ原を含む一連の戦いに勝利した大きな要因とは認めている
まあ、その文章がもろ残っているからね

関ケ原前々日、西軍陣営では大垣、南宮山の戦力を集めて
一気に決戦に出ることを決めていたらしい
それが実現していたら、どうなっていたか・・・

しかし、関ケ原前日、家康が赤坂着陣、小早川が松尾山占拠
こうして、大垣の石田、大谷、島津、小西が小早川討伐のために出陣・・・

31 :人間七七四年:2019/09/18(水) 18:59:20.67 ID:nk+GDk2p

>>25
トンデモと言えばここ最近は井沢だろう。今度出す新書、なんだよあれは

32 :人間七七四年:2019/09/18(水) 19:09:07.68 ID:xQ/UFG4Q

井沢はここで名前を出すのはさすがに場違い。小説家に文句いってもしょんないやろ

33 :人間七七四年:2019/09/19(木) 10:30:13.94 ID:MuVWAPDf

>>31
歴史学者に喧嘩売っている人間が、関ヶ原が一年伸びたら政宗が天下を取ったはさすがにどうだろう
そもそも政宗とか、へつらいとか多いし、過大評価傾向の人物だと思うけど

34 :人間七七四年:2019/09/19(木) 15:00:58.81 ID:kVmxgN8z

>>25
片足だけじゃない!両足だ!

35 :人間七七四年:2019/09/19(木) 15:27:06.36 ID:iVS8Pq9J

正宗が天下を取る可能性は少なからずあると思うが、断定はできん
本能寺のあとだって、秀吉の戦いが長くなっていれば
毛利が天下とる可能性だってあるだろうに

36 :人間七七四年:2019/09/19(木) 15:29:46.64 ID:mj73v0kE

可能性なんてないよ
一年伸びた程度じゃ東北平定も出来ずに時間切れだろ

37 :人間七七四年:2019/09/19(木) 20:28:25.66 ID:49/yw1qH

もし天下を取ったとして政宗の天下を支えられる家臣はいるのか?

38 :人間七七四年:2019/09/19(木) 20:30:35.60 ID:kVmxgN8z

K出書房はやたらとトンデモを出すなぁ

39 :人間七七四年:2019/09/19(木) 21:01:16.88 ID:gFn0s9F9

>>38
信長政権もかなり

44 :人間七七四年:2019/09/21(土) 08:39:05.42 ID:wxbojQBo

>>4
直江状に九月十二日石田三成書状だと、どちらがより疑わしいのだろう
>>42
「御鹽味候樣」これ、なんて読むの?

48 :人間七七四年:2019/09/22(日) 18:22:00.85 ID:vzC/ChAb

>>44
白峰さんは直江状は容認派で三成書状は否認派だっけ?

49 :人間七七四年:2019/09/25(水) 19:59:53.40 ID:zXQN39w4

>>48
白峰氏がどう言う根拠で直江状を容認し、三成書状を否認しているのか
書いてくれないと、考察のしようがないな

53 :人間七七四年:2019/09/26(木) 22:32:33.16 ID:Y5hMidwx

越後からどんな指揮するんだ

57 :人間七七四年:2019/09/29(日) 20:16:22.20 ID:+uHSOY06

清正、輝政も死んで

66 :人間七七四年:2019/10/03(木) 08:38:14.28 ID:825xiWWj

生き残りの為にここまで媚びれる輝元は、ある意味強かだな

93 :人間七七四年:2019/10/06(日) 20:04:45.53 ID:D7KycNip

出雲桑原文書より

小早川秀秋宛浅野幸長黒田長政書状  

尚々急ぎ御忠節尤に候、以上、

先書に雖申入候、重而山道阿彌所ゟ兩人遣之候條、到啓上候、貴樣何方に御座候とも、此度御忠節肝要候、

二三日中に内府公御著に候條、その以前に御分別此處候、政所樣へ相つゝき御馳走不申候ては、不叶兩人に候間、

子此候、早々返事示待候、委敷は口上に可得御意候、恐惶謹言

     八月廿八日

                淺野左京太夫(花押)
                田甲斐守 (花押)

      筑前中納言様
          人々御中

107 :人間七七四年:2019/10/10(Thu) 18:28:35 ID:uFVYKmNx

秀元は関ヶ原の時点でやる気なかったのですか

162 :人間七七四年:2019/10/23(水) 12:46:59 ID:sk3rZlAw

>>161
>>160の内容は徳川家康文書に研究に収録されている

228 :人間七七四年:2019/11/04(月) 15:50:24.57 ID:A7DmjEy9

同感。九州、四国に攻め込みすぎだ。火事場泥棒もそこまでと知れい!

301 :人間七七四年:2019/11/09(土) 18:56:54 ID:opnApVsC

⇒不十分だったんじゃ…

524件をまとめました。
最新情報はこちら

おすすめの記事